FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EN125-2Aに自作オイルキャッチタンク装着

ENにオイルキャッチタンクを着けました。
結論から言うと、特に変化はありません()

まず用意するもの!
IMG00525_s.jpg
1.キャップ付きの缶
2.9.5パイの耐油ホース
(本当は10パイが好ましい。ホームセンター等で切り売りされてます)
3.スチールウール
(ボンスターという製品名でホームセンターなどで売られてます)
4.マジックタイ(固定するため。タイラップでも可)

以上です!


まず、缶はそのまま使ってもいいですが、私は適当にスプレーを吹いて塗りました。
IMG00520_s.jpg


次に、缶のキャップにホースを挿すためにの穴を開けます。
ドリルで地道に削って開けました。この作業が一番労力を要しました…
IMG00527_s.jpg
ホースの外形より気持ち小さいくらいの穴を開けましょう。


次にホースの取り回しです
IMG00535_s.jpg
純正のホースを外し、買ってきたホースを付けます。
エアクリのIN側のほうは、純正のホースを折って付け、
タイラップで固定して大気吸引しないようにしておきます。


後は、ホースを反対側に取り回し、穴を開けたキャップに差し込み、
缶の中にスチールウールを入れて完成です。
IMG00528_ss.jpg
もう一本のホースは、大気開放用です()
大気開放はよくないので、近々どうにかする予定です。


さあ、完成したしよく見てみよう…と近くで缶を見ると…
IMG00529_s.jpg
塗 装 が 汚 い


これは酷い…
どうにかしようということで、家にあったカーボンシート(兄の)を勝手に拝借し、
適当にカットし缶に貼り付けます。
IMG00531_s.jpg


ということで気を取り直して、完成!
IMG00537_s.jpg

見た目はあまりよろしくないですが、キニシナイ!
完璧な自己満足の品物です。ステッカーはネイティブインストゥルメンツのMaschineのステッカーです。
以上!

後日談
兄に、ステッカーがギョウチュウ検査のやつみたいと言われ剥がしました。
あとキャップも塗れよと言われたので、塗りました()
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。